2017年02月26日

東京マルイ G18C GBB

リアルの方がようやく落ち着きつつあるので投稿。





マルイのG18C GBBです。自分が初めて手にした18禁のエアガンであり、何気に現在所持している中で唯一のハンドガンでもあります。


説明とか実射レビューとかは……不要ですね。ネットを漁れば山ほど出てきますし。
ときおりガスを入れて空撃ちしていますが、不具合が起きる気配もなさそうです。流石です。


フレームは分解して塗装してあります。それ以外はカスタムパーツも何もないというシンプルさ。でも塗ってから、イメージに合わないとちょっと後悔したり。塗装が剥げてきた感じはちょっとカッコいいとは思うのですが……。


そういえば、マルイのガスブロの組立難易度ってどのくらいなんですかね?正直、初めて全バラした時は結構組み立てにてこずったのですが……手先が不器用なくせに買い集めるのは海外電動ガンばっかりなので、分解するのが怖いです()


で、せっかくのフルオートマチックピストルなのでカービンにしてしまいたいのですが、お目当てのK.P.O.S.タイプが軒並み在庫切れ。どうやらすでに絶版となってしまっているようで……。流通しているのは強気な価格設定のところばかり。本体価格の1.5倍とか出せないっすよ……。


2





↑こちらがK.P.O.S.と呼ばれるコンバージョンキットのG1、というか無印のもの。実物の開発元はイスラエルのFAB DEFENSE。国内に流通しているレプリカはこのモデルをモチーフに作られている様ですね。


3




↑G1の後継のG2モデル。フレーム前部に開けられたホールは、銃身の放熱用だそうです。あと、スライドのコッキングも流行りのARライクなものとなっています。


4



↑"KPOS G2 Pathfinder"。米国内で、上記のコンバージョンキットを組み込むと銃の扱いがピストルから"SBR(short barrel rifle)"になってしまう事を防ぐ(?)ことができるように、ショルダーストック、フォアグリップがない仕様になっているようです(後端についているARのバッファーチューブみたいな筒は、規制の対象外だそうで……米民間カスタムではときおりみられるカタチですね)。


とりあえずはフレームを再塗装して、ステッピングを入れることが目標。あとはアイアンサイトを交換することくらいかな。カービン化をあきらめたらもう一丁手に入れて二丁拳銃するのもいいかもしれないです。


5




P.S.
マルイは早くG19出してください!何でもしますから!(個人的な叫び)


Posted by サノバビ at 22:31│Comments(0)エアガン
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。